☆since 2004/11/01☆    パソコン初心者が基礎知識をつけてもらうサイトです。パソコン入門者必見!!    ☆Last up date 2012/5/10☆

パソコン初心者の基礎知識

美女Linux




私が執筆した書籍「これならわかる!Linux入門講座」 が2010年3月17日に発売になりました。 Linux初心者の方におすすめです。


≪Linuxを学びたい方≫

パソコン、WIndowsの勉強と同時に Linuxを学ぼう!!Linuxを知りたい方は

↓↓↓↓↓
Linux初心者の基礎知識



≪Linux初心者向け勉強会1≫

Linux初心者のための講座(講習会)を 開催しております。 詳細は下記リンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓
はじめてのLinux基礎講座
up





美女Linuxコマンド版

美女Linuxオフショット版

美女Linuxバレンタイン版

神戸美女Linuxコマンド版

神戸美女Linuxオフショット版

神戸からの応援メッセージ

管理人サイトはこちら

Linux大学
Linux初心者の基礎知識
LPIC対策講座
Network初心者の基礎知識
データベース初心者の基礎知識


管理人ブログ[Linux初心者のためのLinux入門]

Linuxとネットワークの備忘録です。 アクセス先は下記リンクになります。

↓↓↓↓↓
【Linux初心者のためのLinux入門】









27.ストレージB

ハードディスクを使うためにはまず、使用しているOSがファイルを書き込める
ようにするため、ディスク上をいくつものブロックに区分けしなければ
なりません。この区分け作業のことをフォーマットといいます。
このフォーマットによって区分けされた各ブロックに、ファイルが保存される
のです。利用可能なフォーマット方法はOSによって違いによってドライブの
最大容量やインストールできるOSなどが変わってきます。
このときハードディスクには「どのブロックにどんなファイルが保存されている
か」を記憶した、ファイル専用の住所録が用意されます。
この住所録の形式はフォーマット方法によって異なり、たとえばFAT32形式で
フォーマットされたドライブ上のOSでは、FAT16フォーマットのドライブは
開けますが、NTFS形式のドライブは認識できません。
ファイルの住所録には、ファイルを構成するデータがどのブロックにあるかが
登録され、ひとつのファイルを離れたブロックに分けて保存することも
可能です。とはいえ、ひとつのファイルを開くのにディスク上のあちらこちら
から読み込むことになるので、連続したブロックに保存されたファイルを開く
よりも時間がかかります。この状態をファイルの断片化といいます。
そこで、断片化したファイルを連続したブロックに配置しなおす「デフラグ」
という作業を行なうのです。
なお、一つのハードディスクは通常、単一のドライブとして扱われますが、
フォーマットの前にディスク上を分割するための仕切り(パーディション)を
作れば、一つのハードディスクを複数のドライブとして扱うことも可能です。




<< 26.ストレージA           28.マザーボード@ >>


>> ハードウェア基礎 <<