☆since 2004/11/01☆    パソコン初心者が基礎知識をつけてもらうサイトです。パソコン入門者必見!!    ☆Last up date 2012/5/10☆

パソコン初心者の基礎知識

美女Linux




私が執筆した書籍「これならわかる!Linux入門講座」 が2010年3月17日に発売になりました。 Linux初心者の方におすすめです。


≪Linuxを学びたい方≫

パソコン、WIndowsの勉強と同時に Linuxを学ぼう!!Linuxを知りたい方は

↓↓↓↓↓
Linux初心者の基礎知識



≪Linux初心者向け勉強会1≫

Linux初心者のための講座(講習会)を 開催しております。 詳細は下記リンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓
はじめてのLinux基礎講座
up





美女Linuxコマンド版

美女Linuxオフショット版

美女Linuxバレンタイン版

神戸美女Linuxコマンド版

神戸美女Linuxオフショット版

神戸からの応援メッセージ

管理人サイトはこちら

Linux大学
Linux初心者の基礎知識
LPIC対策講座
Network初心者の基礎知識
データベース初心者の基礎知識


管理人ブログ[Linux初心者のためのLinux入門]

Linuxとネットワークの備忘録です。 アクセス先は下記リンクになります。

↓↓↓↓↓
【Linux初心者のためのLinux入門】









29.マザーボードA

ハードウェア間でデータのやり取りを行なう場合は、まずマザーボードにデータを
送ってから、別のハードウェアにデータを届けるという形になります。
しかし、すべてのハードウェアが勝手気ままにデータを送り続けていると、まるで
交通渋滞になってしまい、マザーボードはデータであふれてしまいます。
そこですべてのハードウェアを統括してデータの流れを交通整理する機能が必要
になります。その役目を果たすのが、マザーボード上の「チップセット」という
部品になります。

チップセットはCPUによく似たLSIチップで、さまざまなハードウェアとデータを
やり取りする機能をもっています。昔は、ハードウェアごとに個別のチップが
データのやり取りを担当していましたが、それらの機能がひとつのチップに統合
されたため、「複数の機能をセットにしたもの」という意味で、チップセットと
呼ばれるようになりました。

さまざまなハードウェアから送られたデータは、まずチップセットに送られます。
データを送るタイミングや送り先を判断して、データを送り出していくのです。
データの「入力」→「記憶」→「計算」→「出力」というパソコンの基本的な
仕組みも、チップセットがデータの流れを管理していうからこそ可能となります。




<< 28.マザーボード@           30.マザーボードB >>


>> ハードウェア基礎 <<