☆since 2004/11/01☆    パソコン初心者が基礎知識をつけてもらうサイトです。パソコン入門者必見!!    ☆Last up date 2012/5/10☆

パソコン初心者の基礎知識

美女Linux




私が執筆した書籍「これならわかる!Linux入門講座」 が2010年3月17日に発売になりました。 Linux初心者の方におすすめです。


≪Linuxを学びたい方≫

パソコン、WIndowsの勉強と同時に Linuxを学ぼう!!Linuxを知りたい方は

↓↓↓↓↓
Linux初心者の基礎知識



≪Linux初心者向け勉強会1≫

Linux初心者のための講座(講習会)を 開催しております。 詳細は下記リンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓
はじめてのLinux基礎講座
up





美女Linuxコマンド版

美女Linuxオフショット版

美女Linuxバレンタイン版

神戸美女Linuxコマンド版

神戸美女Linuxオフショット版

神戸からの応援メッセージ

管理人サイトはこちら

Linux大学
Linux初心者の基礎知識
LPIC対策講座
Network初心者の基礎知識
データベース初心者の基礎知識


管理人ブログ[Linux初心者のためのLinux入門]

Linuxとネットワークの備忘録です。 アクセス先は下記リンクになります。

↓↓↓↓↓
【Linux初心者のためのLinux入門】









4.CPUの種類

現在使われているCPUはWindowsパソコンならばIntelのPentium4とCeleron、AMD社のAthlon64、 MacintoshならPowerPC G5です。

これらのCPUはどれも、少しずつクロック周波数をアップしたり、最新機能を追加するといった方法 で性能を強化しています。
クロック周波数の点でみれば、Pentium4がダントツの高さを誇ります。CPUの性能をクロックの高さ だけで判断するのでしたら、Pentium4が一番優れたCPUということになります。 ところがCPUの動作スピードは、必ずしもクロック周波数だけで決まるわけではないのです。

例えば、CPUの内部でさまざまな命令を計算する場合でも、データのやり取りを段取りよく行えば、 効率アップの結果として計算スピードが速くなります。 「あくせく働くよりも、効率的に作業をした方が速くなる」という方法を採用するのが、 Athlon64やPowerPC G5です。これらのCPUはクロック周波数こそPentium4より低いのですが、 パソコン全体としての動作スピードはPentium4と同等、もしくはそれ以上という場合もあるのです。

例えば、メモリからCPUへ命令を送るときに、よく使うデータだけをCPU内部の補助用メモリ(キャッシュ) に入れておくという効率化の方法があります。現在のCPUは、どのようなものでもこの方法を採用していますが、 例えばCeleronの場合、コストダウンのためにこのキャッシュ容量が少な目になっています。 ですから、同じクロック周波数のPentium4とCeleronを比べても、CPUの動作スピードはまったく違う ということです。

パソコンの自作をするのでなければ、CPUを選ぶことが、そのままパソコンを選ぶことになります。 クロック周波数の一番高いものを選ぶか、機能面は少し妥協しても、もっと安いものを選ぶか。 ここから先は、皆様がパソコンでなにをしたいかによって変わります。はじめに述べたように、 「種類はいろいろあっても、CPUの基本機能は同じ」と気楽に考え、皆様好みのCPUを探してみましょう。


<< 3.CPUの構造と速度           5.メモリとは >>


>> ハードウェア基礎 <<