☆since 2004/11/01☆    パソコン初心者が基礎知識をつけてもらうサイトです。パソコン入門者必見!!    ☆Last up date 2012/5/10☆

パソコン初心者の基礎知識

美女Linux




私が執筆した書籍「これならわかる!Linux入門講座」 が2010年3月17日に発売になりました。 Linux初心者の方におすすめです。


≪Linuxを学びたい方≫

パソコン、WIndowsの勉強と同時に Linuxを学ぼう!!Linuxを知りたい方は

↓↓↓↓↓
Linux初心者の基礎知識



≪Linux初心者向け勉強会1≫

Linux初心者のための講座(講習会)を 開催しております。 詳細は下記リンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓
はじめてのLinux基礎講座
up





美女Linuxコマンド版

美女Linuxオフショット版

美女Linuxバレンタイン版

神戸美女Linuxコマンド版

神戸美女Linuxオフショット版

神戸からの応援メッセージ

管理人サイトはこちら

Linux大学
Linux初心者の基礎知識
LPIC対策講座
Network初心者の基礎知識
データベース初心者の基礎知識


管理人ブログ[Linux初心者のためのLinux入門]

Linuxとネットワークの備忘録です。 アクセス先は下記リンクになります。

↓↓↓↓↓
【Linux初心者のためのLinux入門】









3.入力から出力までの流れ@

コンピュータの基本的な要素は、「入力」「記憶」「計算」「出力」 のいづれかに分類することができ、これらが連携することにより 入力→記憶→計算→出力の仕組みが成り立っています。

まず、「計算」部分に当たるのがCPUです。 CPUはキーボードなどから入力された命令を受けて、物事を考え、計算する ハードウェアです。 さらにメールを書いたり、マウスでクリックしたりする操作などの命令に関しても CPUに送られています。そして命令を与えられたCPUが答えることにより 他のさまざまな機能を実現させます。

記憶」部分に当たるのがメモリです。 メモリは、パソコンが扱うデータを記憶しておくためのハードウェアです。 CPUが必要とするときに使う、一時的な作業スペースと考えていただければよいでしょう。
メモリはパソコンの電源が切れると記憶が消えてしまいます。 そこで、パソコンの電源を切った後もデータを保存しておくため、ハードディスクなど が使われます。


入力」部分に当たるのが、パソコンに命令を与えるキーボード、マウスで、 「出力」部分に当たるのが、CPUの計算結果を表示するディスプレイ、プリンタなどのことを 指します。


<< 2.パソコンの仕組み           >> 4.入力から出力までの流れA