☆since 2004/11/01☆    パソコン初心者が基礎知識をつけてもらうサイトです。パソコン入門者必見!!    ☆Last up date 2012/5/10☆

パソコン初心者の基礎知識

美女Linux




私が執筆した書籍「これならわかる!Linux入門講座」 が2010年3月17日に発売になりました。 Linux初心者の方におすすめです。


≪Linuxを学びたい方≫

パソコン、WIndowsの勉強と同時に Linuxを学ぼう!!Linuxを知りたい方は

↓↓↓↓↓
Linux初心者の基礎知識



≪Linux初心者向け勉強会1≫

Linux初心者のための講座(講習会)を 開催しております。 詳細は下記リンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓
はじめてのLinux基礎講座
up





美女Linuxコマンド版

美女Linuxオフショット版

美女Linuxバレンタイン版

神戸美女Linuxコマンド版

神戸美女Linuxオフショット版

神戸からの応援メッセージ

管理人サイトはこちら

Linux大学
Linux初心者の基礎知識
LPIC対策講座
Network初心者の基礎知識
データベース初心者の基礎知識


管理人ブログ[Linux初心者のためのLinux入門]

Linuxとネットワークの備忘録です。 アクセス先は下記リンクになります。

↓↓↓↓↓
【Linux初心者のためのLinux入門】









4.入力から出力までの流れA

前回はCPU、メモリ、入力、出力装置について、それぞれ簡単に説明 していきました。

今回は、CPU、メモリ、入力、出力装置がどのように連携しているのかを、 入力→記憶→計算→出力までの流れを順を追って説明していきたいと思います。

例えば、パソコンに「1+1=?」という計算問題を解かす場合について 考えていきます。

パソコンにこの計算問題を解かせるためには、まずユーザーが問題を「入力」する 必要があります。

ユーザーが入力した「1+1=?」の計算問題分は、データとしてパソコンのメモリに送られます。 そしてメモリにデータ「1+1=?」が「記憶」されます。 この時点では、キーボードの「1」「+」「1」「=」「?」という5つのキーを押したという 意味の単なるデータでしかありません。

メモリに記憶されたデータ「1+1=?」はCPUへ送られます。ここではじめて、文字だったデータが まとめて扱われ、これは足し算の「1+1=?」であると判断されます。

CPUは問題「1+1=?」を解こうと、「1+1=2」という答えを導きだすわけです。 これが「計算」です。

最後にCPUの導き出した答え「1+1=2」をユーザーに伝えるために、CPUはディスプレイに 「計算した答えを表示して」という指示を送ります。指示を受けたディスプレイには 答え「1+1=2」が伝えられ、ディスプレイの画面に表示されます。

これによりユーザーは最初に入力した問題「1+1=?」の答えを見ることができたわけです。
これが「 出力」となります。

よって情報を扱う流れはキーボード(入力装置)→メモリ(記憶)→CPU(計算)→ディスプレイ(出力装置) という流れで、データの計算結果を表示するということになります。


<< 3.入力から出力までの流れ@           >> 5.OSとは